ブログ

2020年によく聴いた音楽

これを書かないと年が越せません。

ミュージックマガジンを読んでmacaroomと知久寿焼のアルバムを知り、通して聴きました。すごく良かったです。

今年もあまり新しい音楽が聴けませんでした。おすすめがあったら教えてください。よろしくお願い致します。


【2020年にリリースされた作品】
■池間由布子 / MY LAND ESCAPE
3月に赤石商店で池間さんと潮田さんとのデュオライブを開催。今思えば貴重な夜でした。その後のバンドツアーでリリースされたこの自主製作盤は、ザラザラとした一発録りの雰囲気がしっかり詰まっています。下記のリンクから存じ上げない方のInstagramにアップされた池間さんのライブ映像を観ることができます。雰囲気、充分に伝わります。
https://www.instagram.com/p/B8sE8O9pSmk/

■舐達麻 / BUDS MONTAGE
舐達麻の新曲。3rdアルバムも去年同様にめちゃくちゃ聴きました。草刈りの時、宿の掃除の時、運転して自宅へ帰る時。アメリカでは大麻が合法に向かって進んでいますね。




■波多野敦子・Keisuke Matsuda・Triola / 映画「おばけ」サウンドトラック
赤石シネマで11月に上映した映画のサウンドトラック。松田さんの電子音楽と波多野さんの弦楽が交互に入っていて、最後の”Woodpeckers”ではその二人が一緒に演奏しています。これがめっちゃエモくて最高な7分間。電子音楽が好きな方は松田さんのソロ作品もBandcampでチェックしてみてください。




■Dirty Projectors / 5EPs
コロナ騒ぎで瞬く間に収入の先立つものが無くなり、安易にCDや本が買えなくなり、新しい音楽を聴こうとする気力がなくなってしまいました。でも、Dirty Projectorsだけは違ったなあ。”Overlord”の綺麗な歌声に何度も救われました。



-------

【2020年以前にリリースされた作品】
■池間由布子 / My Landscapes
2019年の12月に高円寺・円盤で購入。1年間を通して聴いていました。星野君に「イーブンソーが好きなんよ。」って告白したら「僕もです。」って返事がきた。とんかつ、雨森も何回聴いてもグッときます。下記リンクから試聴可能。
https://www.jetsetrecords.net/player/play/?item=584232&start=0

■森ゆに / 山の朝霧
3月に新譜がリリースされていることを知り、レコードを購入。その時にご本人とメールで少しやりとりを。この騒ぎが落ち着いたら赤石商店でも歌っていただける日が来そうです。Spotifyでもアルバムが聴けるようになりました。falaが好きだなあ。



■biobiopatata / 映画「つつんで、ひらいて」サウンドトラック
遠藤里美さんを中心とした管弦楽団がドキュメンタリー映画の音楽を担当。NRQの中尾さんも複数の曲で参加されています。お店でかかっていると艶やかで、気取った店主になりきれて楽しい店番でした。




■オクノ修 / BEAT MINTS SLOW MINTS
飯島町飯島に住む飯島さんに教えてもらいました。オクノさんは高田渡さんのような弾語りだけだと思っていたら、こんな調子のアルバムがあってぶっ飛びました。エレキギターの陽気さが、お金なくてもオッケーな気持ちにしてくれます。




■Ali Farka Toure / In The Heart Of The Moon
佐久穂町に引っ越した幕内さんに教えてもらいました。マリ共和国のギタリスト「アリ・ファルカ・トゥーレ」とコラ奏者「トゥマニ・ジャバテ」による2005年リリースのアルバム。お店でかかっていると、無印良品の店内よりはちょっと土臭いけど、音楽にこだわっているお店感は出せて、ウザイと思われるほどアクが強くなくて、大変重宝しました。




■Mano Negra / Casa Babylon
プチマルシェでマルナカフーズの厨房設備を作る作業中に聴いていたアルバム。床下に潜って配管をやったり、汚くて臭いものを洗ったり、狭い空間で深い穴を掘る作業も、このごった煮音楽があったから頑張れた。




-------

【以前のよく聴いた記録】

※2019年
2019年によく聴いた音楽


※2018年
2018年によく聴いた音楽


※2017年
2017年によく聴いた音楽


※2016年
2016年によく聴いた音楽


※2015年
2015年によく聴いた音楽


※2014年
新年のご挨拶と2014年に聴いた音楽のまとめ


※2013年
http://my-best-album.tumblr.com/page/5
※2012年
http://my-best-album.tumblr.com/page/20