ブログ

楽しそうに弾く姿

いつも赤石商店を気にかけてくださっていた三木黄太さん。

お店にたくさん足を運んでくださいました。一緒にたくさんお酒を飲みました。これからもたくさんお話するはずだったのに。

伊那市にパスカルズを呼びたいんですと話すと「100万円じゃきかないよー!」なんて脅されてたけど、怖気づいてる場合じゃなかったんだな。

素敵な時間を共に過ごせたこと、ありがとうございました。これからも赤石商店は危なっかしくて、三木さんに心配をかけながらも、頑張っていきます。心からご冥福をお祈りします。安らかにお眠りください。本当に本当に名残惜しくて何度もこの映像を観てしまいます。