ブログ

それでも僕は言い続ける。

赤石商店、初めての冬を迎えています。

夏は二つのアルプスのおかげで初年度にも関わらず忙しくさせていただきました。しかし、冬の宿営業はなかなか厳しいもんですね。今年は潔く閉めさせていただいて、山へ竹を切りに行っています。

「蟹工船ならぬ竹工船じゃな(笑)」と妻に送り出されていますが、意外にもこの仕事が楽しくて仕方ありません。来年もやりたいし、10年後もやっていたいです。

「山へ竹を切りに行っています。」とかっこよく言っていますが、現場では1本しか切ったことがありません。切ってもらった竹をチッパーという粉々にする機械に突っ込むという役を任されています。それでも僕はこの冬会う人にこう言い続けるんだと思います。

「山へ竹を切りに行っている。」

———

赤石食堂がようやくオープンしました。毎週金土日の11:30~16:00までやっています。

開店以来、赤石商店は主に宿泊業のみだったのでどうしても県外や海外の方向けの場所になりがちでしたが、ようやく地元の方にもオープンな場所になり始めたように思います。おめでとう。

お腹を空かしてお越しください。子供をおんぶした僕と、どーんとした妻がお待ちしております。

どちらもドリンク付きで1000円。動物性のものを使用しないヴィーガンに対応しつつ、男性でもお腹が膨れるがっつりしたメニューです。

———

赤石商店にもうひとつ新しい施設ができました。映画上映や楽器の演奏ができる「シネマスタジオ」という施設です。

DVDをご持参いただいてプライベート爆音映画館としてご利用いただいたり、DJの練習をここでこっそりやって、伊那市駅前のmomentomで披露するような流れができるといいなあと思っています。

今春からは渋谷アップリンク東中野ポレポレでやっているような単館系の映画を月に1本のペースで上映していきたいとも考えています。

まだ大きな告知をしてないにも関わらず徐々に予約をいただき始めました。こっちがびっくりですが嬉しいです!需要があるんですね!

———

以上、最近の赤石商店でした。

末永くよろしくお願い致します。

としのり