いままでの上映

上映会|映画『杜人 ~環境再生医 矢野智徳の挑戦~』
2022年11月9日(水)~11月12日(土)上映!



ある人は「地球の医者」と呼び、ある人は「ナウシカのよう」と言う。

人間よりも自然に従う風変わりな造園家に3年間密着。

全国で頻発する豪雨災害は本当に「天災」なのか?

風のように草を刈り、イノシシのように大地を掘って

環境問題の根幹に風穴をあける奇跡のドキュメンタリー。


■イントロダクション
「杜」とは「この場所を 傷めず 穢さず 大事に使わせてください」と人が森の神に誓って紐を張った場。なぜ植物が枯れていくのか。なぜ生きものたちが減っていくのか。いのちと向き合ううち、彼は気がついた。「大地の呼吸」が弱っていることに。人間がもたらした小さな「詰まり」が大きな土砂災害や河川の氾濫に繋がっていることに。窒息寸前の大地に息を吹き込み、堰き止められた循環を取り戻すため全国を飛び回る造園家/環境再生医・矢野智徳。自然にならう彼のやり方に共鳴し、かつての「杜」を蘇らせるべく動き始めた人々と木や大地、生きとし生けるすべてのものとの、いのちの交歓と再生の物語。


■予告編



■コメント
人間が分断してしまった自然の動的平衡を回復しようとする人々の、地道な、しかし希望に満ちた物語。ポストコロナの生命哲学がここにある。
福岡伸一(生物学者/『生物と無生物のあいだ』著者)

動物の身体も大気を吸い込み、血液を循環させないと生きていけない。同じように、人が手を付けた「杜」は、原始の森と違い、空気が通り、水が循環するように手を加えないと荒廃してしまう。窒息寸前、循環不全の大地を等身大の道具だけで、健全な状態に戻してしまう環境再生医矢野さんは、傷んだ地球に息を吹き込む名医だ。この映画は、窒息寸前の地球も、ゼネコンも使わずに、息を吹き返す方法があることを教えてくれる。
関野吉晴(探検家/医師)

人間はただ自然を破壊する存在ではない。人間もまた自然の一部として美しい。矢野さんの「大地の再生」の考え方と実践が広がることで、この国からそうなっていくことを願う。
鎌仲ひとみ(映像作家/百姓/古民家なないろ)


■作品情報
出演:
・矢野智徳(造園家、環境再生医)
・玄侑宗久(慧日山福聚寺住職/作家)
・石田智子(慧日山福聚寺寺庭/アーティスト)
・堀信行(地理学者/理学博士/東京都立大学名誉教授)
・長野亮之介(イラストレーター) ほか
制作・監督・撮影・編集:前田せつ子
ナレーション:光野トミ/林揚羽
整音:石川雄三   
製作・配給:リンカラン フィルムズ
2022年/日本/カラー/DCP /16:9/101分
©️Lingkaran Films


■会場
赤石シネマ(赤石商店内)
長野県伊那市東春近22-5


■上映日時・予約状況(10月4日 19時現在)
・2022年11月9日(水)
10:00 – 11:41 △
13:30 – 15:11 〇

・2022年11月10日(木)
10:00 – 11:41 〇
13:30 – 15:11 〇

・2022年11月11日(金)
10:00 – 11:41 〇
13:30 – 15:11 △

・2022年11月12日(土)
10:00 – 11:41 ✕
13:30 – 15:11 ✕

〇 空きあり
△ もう少し
✕ 空きなし


■定員
9席


■料金
・一般 1500円
・学生 1200円


■予約方法
・電話の場合
下記の電話番号宛てにご連絡をいただき、「映画鑑賞希望の旨」「希望日時」「氏名」「予約人数」をお伝えください。その場でご予約が完了いたします。

・メールの場合
下記のメールアドレス宛てに、件名に「杜人」、本文に「希望日時」「氏名」「電話番号」「予約人数」を記入いただき、送信ください。赤石商店からの返信をもって予約受付完了とさせていただきます。


■ご予約・お問い合わせ
・電話 090-5705-7217
・メール akaishi.shouten@gmail.com


■注意事項
※定員に限りがあるため、日時がお決まりの方は早めにご予約ください。
※入場は予約者優先とさせていただき、席に空きがある場合のみ当日入場が可能です。
※余裕を持って上映を開始したいため、上映時間の10分前にはお越しいただくようお願いします。
※学生の方は学生証の提示をお願いします。
※マスクをご持参いただくようお願いします。